腸内環境が乱れている場合

美味しいものばかり食べて、不規則な生活やかたよった食事、ストレスなどにより腸内環境が乱れている方も多いかと思います。

生活習慣で腸内環境が乱れている場合、体調が良くないことが多く、病気がちな生活に陥る場合があります。

腸はカラダのさまざまな免疫に関わっており、腸内環境を改善すれば体調が良くなることが多々あります。

腸内には、100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息し、その中でも善玉菌、悪玉菌と中間的な存在の日和見菌とにグループがあり、この3つが腸内で共存しています。

腸内環境の中で善玉菌が優勢な状態が良い状態であり、善玉菌が腸の活動を活発にし、栄養を補う働きをします。

便秘により腸内の老廃物が腐敗し、それにより悪玉菌が優勢にならないように、生活習慣を良くし、腸内環境を整えることは非常に大事です。

腸内環境を改善するには、生活習慣の改善、その中でも食事と栄養の取り方を変えることが一番取り組みやすと思います。

腸内環境を良い状態にするには乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂取することで、腸内の善玉菌の増殖に期待できます。

ですが、ほとんどの善玉菌は腸内に留まることが出来ないため、毎日、乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂取する必要があります。

今では良いサプリメントもありますので、サプリメントで摂取する方がバラツキがなく、栄養素を善玉菌に運べます。

腸内環境が改善されると、見違えるほど調子が良くなります。

 

ファーミキューテスを減らす方法で紹介されている乳酸菌がおススメです。